技術紹介

既存の3Dをはるかに超えた「ホログラフィック」表現

最新鋭の映像表現「ホログラフィック」によるステージ演出を提供する世界初の常設劇場です。

ホログラフィックとは、3Dメガネなどを着用しなくてもリアルな立体映像を見ることができる特殊な映像表現。

ステージ上に対象が存在するかのように投影し、現実と見分けがつかないほどの高精細で美しく迫力のある映像を提供します。

  • ステージの熱気まで伝わる
    圧倒的な存在感

    現実のライブでも、アーティストの些細な表情ひとつが感覚として客席に伝わります。DMM VR THEATER はオーディエンスにかつてない感動を与えるために、肌の質感、毛穴、髪の毛1本まで再現する高度なサブサーフェイススキャッタリングでアーティストを表現。世界的にみてもトップクラスのシミュレーションを行い、拡大しても本物と見まがうような存在感を再現しています。

  • キャラクターがステージで歌い、踊る。
    まったく新しい体験をあなたに

    世界最高峰のホログラフィックと最新のサラウンド音声技術により
    キャラクターがまるでステージに存在するような、まったく新しい体験を提供します。

最高峰の臨場感を生み出す映像システム

  • 世界最狭クラスの1.9mmピッチLEDを
    映像投影装置に採用

    LEDでありながら、視認距離は1mと、まるで巨大な液晶モニタであるかのように錯覚する高画質・高輝度な映像投影を可能に。従来のDLPプロジェクターでは表現できなかったハイクオリティなステージを実現します。輝度、視野角、最小視認距離においては、従来のLEDと比較しても規格外のスペックを誇ります。

  • 迫力のサラウンド音声技術
    9.1chマルチサラウンドシステム

    DMM VR THEATERはパワフルでドラマチックなサウンド体験を提供します。劇場内で音を移動させることにより、サウンドに動きの効果を創出し、公演コンテンツのストーリーに完全に一致した、現実さながらの自然な音響を再現。すべてのシーンでよりリアルに、より大きなインパクトを伝えることが可能になり、従来の映画館や劇場と比べてさらに立体的なサウンドを実現します。

ステージをさらに彩る高輝度プロジェクタースクリーン

ステージ外に設置されたサイドスクリーン

正面に加え、サイドにも高輝度のプロジェクタースクリーンを起用。
ステージの枠に収まらない、迫力の映像表現が可能となりました。

ホログラフィックの原理

DMM VR THEATERは、多元レイヤーで構成されたペッパーズ・ゴースト型ホログラム投影装置をステージ舞台としています。

透過ボード、ハーフミラー、LEDスクリーンを用い、シースルー投影のテクノロジーで
それぞれのメリットを最大限に活かしたパッケージとして組み上げ、まるで魔法のようなホログラフィック立体視を可能に。

あたかもそこに役者が存在するかのような錯覚を作り出す「手品的な」演出を実現しています。

既存の表現をはるかに超える次世代ステージが常設された世界初の劇場であり、幅広いフォーマットの公演に対応可能です。

  • ハーフミラー性能のスクリーン

    本来はハーフミラーに反射しているだけの映像だが、透過度が高いため映像が中空に浮かんでいるような錯覚を作り出す。

  • 実際の結像位置

    客席から観るとステージ上に映像が実在しているかのように投影される。

  • 映像投影面

    映像投影は床面から照射される世界最高峰技術を駆使した「1.9mmピッチのLEDビジョン」から直接映像を投影する。

ペッパーズ・ゴースト原理の進化形

ホログラフィックは、1 8 0 0 年代から舞台演劇などで用いられてきた「ペッパーズ・ゴースト原理」を応用しています。ステージ下の隠し部屋にいる人の姿をガラスなどの反射を利用して投影し、ステージ上に人がいるかのように見える錯覚を導き出すテクニックですが、DMM VR THEATERでは、床面に敷かれたLED映像を透明なフィルムに投影することによってこの原理を活用しています。

来場者インタビュー

  • ふなっしーじー舞台「レジェンドオブふなっしー」
  • チャリティーイベント「許斐 剛☆サプライズLIVE~一人テニプチフェスタ~」
  • hide crystal project presents RADIOSITY